Lymph Drainageについて

リンパドレナージってなに?

リンパマッサージとどう違うの?

ヨーロッパでは100年以上もの歴史がありますが、日本ではまだまだ知られていないリンパドレナージ。ちょっとでも知っていただきたく、解説させていただきます。

 

ヨーロッパを中心に医療現場で行われている

リンパドレナージ

ドレナージとはフランス語で「排出する」という意味。リンパドレナージを直訳すると「リンパを排出する」ということになります。ヨーロッパを中心に医療現場でも利用されているリンパドレナージは、滞りがちなリンパ液をスムーズに流し、生活の質を上げる技術として保険適用となっています。がんなどのリンパ節を取り除く手術を受けられた方に発症する、リンパ浮腫の治療に利用されています。

 

リンパドレナージは圧力をかけずあくまでやさしく

はじめに老廃物を吸収するのは、皮膚のすぐ下にある「毛細リンパ管」です。皮膚をやさしく引っ張ったり、ずらしたりすることで毛細リンパ管の入口が開き、老廃物を取り込みやすくします。その手技は圧力をほとんどかけず、とてもやさしくソフトなタッチです。ここがエステなどで行われている、筋肉に強くアプローチする「リンパマッサージ」とは全く異なるところです

 

【リンパドレナージで期待できる効果】

 さまざまなメリットがあるといわれていますが代表的なものは、

むくみの軽減
・リンパ液の循環が活性化するので代謝免疫力・自然治癒力が高  まる

・やさしい施術は深いリラクゼーションを生み

 ストレスや不眠の解消に

・血流が良くなり、冷えこりの軽減

・コラーゲン生成を促し、肌が潤うなど肌質の向上

   が期待できるといわれています。